高速バスの広さ

高速バスの広さは、他のバスに比べると、上級のクラスならばとても広々としています。 普通のバスと比べると、同じ車内面積の中にシートの数が少なくなっているので、その分、シート以外の空間が広く設計されています。 シートとシートの間隔が広いので、隣の人にも気を使う必要もなく、通路も広くなりますから、車内のトイレに行く時なんかに、他のシートの方に気を使う事もないのです。 シートの足元を見ても、とても広くて、付属のフットレストを倒して、スリッパに履き替えて足を伸ばすと、とてもリラックスができるようになっています。 また、シート自体も大きくて広くて、人間の体をすっぽりと覆うような設計になっているので、座っていて物凄く楽で安心感があります。 シート間には、カーテンが付いているので、シート自体が個室みたいになっていて、プライベートな事も他人に気を使わずにする事ができます。 シートの後ろも広いので、シートに付いているリクライニング機能を使って、シートを一杯に倒しても他人に気を使う必要もないのです。このように、今の高速バスは広くて、とても乗り心地が良い設計になっています。